千葉県の地域の人々に信頼される「かかりつけ薬局」ハーブランドグループ :ハーブランド薬局

pageimg

かかりつけ薬局業務

  • HOME
  • かかりつけ薬局業務

[かかりつけ薬剤師]制度について

image 平成28年4月の診療報酬改定により、
薬局で正式に[かかりつけ薬剤師]制度が導入されました。
制度の内容や活用する事によるメリット、
登録までの流れなどをご紹介致します。

[かかりつけ薬剤師]は、勤務経験、研修認定、
地域活動への取り組みなど一定の要件を
クリアした経験豊富な薬剤師のスペシャリストです。
専属の薬剤師が24時間体制で、あなたの健康をサポートします!

[かかりつけ薬剤師]を活用するメリット
「かかりつけ薬剤師」を持つことによっていくつかのメリットがあります。
そのメリットによって患者様が適正・適切な服薬ができ、安心で健康な生活を送ることが可能となります。

  • ①いつも同じ薬剤師が対応
    image
    かかりつけ薬剤師が薬局にいる時間を
    お知らせいたします。同じ薬剤師が対応
    する事で、体質や心配な事なども
    安心してお話して頂けるように致します。
    ※勤務状況等により、他の薬剤師が
    対応する事もありますので、ご了承下さい。
  • ②24時間いつでも相談OK
    image
    ご自宅に帰ってから薬の事で
    疑問・不安な事が出てきた時でも、
    いつでも薬剤師がご相談にのります。
    夜間や休日など、薬局が閉まっている
    時間帯でも、何か困った事があれば
    薬剤師に相談できるので安心です。
  • ③不要な薬や残っている薬を整理
    image
    ご自宅にある何かわからない薬や
    余っている薬等を整理して、
    飲みやすく調整致します。
    また、余っている薬がたくさんある場合は、
    医師に処方調整の提案等を致します。
    必要に応じて、ご自宅まで伺い、
    薬を整理致します。
  • ④服薬状況等を把握し、まとめて管理
    image
    他の医療機関・薬局でもらった薬や
    市販薬・健康食品やサプリメント等を
    まとめて把握して、飲み合わせ等の
    問題がないかを確認し、薬を飲む際の
    注意点等をアドバイス致します。また、
    体質や副作用等の過去の記録も含めて、
    服薬後の経過を継続してチェック致します。
image [かかりつけ薬剤師]をもつためには?
薬局で[かかりつけ薬剤師]の指名が必要です。
国が定める一定の要件をクリアした経験豊富な薬剤師の中から、
ご希望の薬剤師を1名のみご指名下さい。
同意書に署名を頂く事で、あなたの[かかりつけ薬剤師]となります。

※かかりつけ薬剤師が薬をお渡しする場合、保険負担割合に応じて
最大100円ほど追加でご負担頂く事になりますので、ご了承下さい。

保険調剤薬局部門

image 保険調剤
昭和55年より医薬協業を理念に数多くの処方箋を応需している保険調剤薬局です。
現在は全店舗で施設基準調剤の認定を受け、患者さんの服薬の安全と
医薬品の適正使用を目的に作成した「調剤指針」及び「業務マニュアル」を基に常に正確な調剤を行っております。

薬歴簿の電子化
既往歴、体質、アレルギー歴、併用薬等のあらゆる面から
服薬の安全に関する患者さんの情報を電子薬歴簿で管理し、調剤・服薬指導に役立てています。


服薬指導
問診により収集した患者さんの最新情報と薬歴内容及び生活リズムに合わせた服薬指導により、
ノンコンプライアンスの防止、重複投薬の防止に効果を上げています。
image 情報提供
患者さんに対する「薬剤情報提供」及び処方医への「服薬情報提供」等のDI活動は、
ご利用いただいている多くの患者さんや医療機関から高い評価を得ております。
2000年4月1日からは[お薬手帳]への記載を続けています。

保険請求
2011年4月までのレセプトオンライン請求の義務化に先駆けて、
2007年4月より全店舗でオンライン請求を開始しました。

在宅訪問薬剤管理指導
居宅で療養中の患者様宅を訪問し、ご本人または介護者に対し服薬指導は勿論のこと、
様々な質問やご相談に応じております。

薬局機能情報

image 当薬局では、いつでも良質な医療を提供できるよう、各店舗において、下記のようなサービスを行っております。
<サービス内容>
◆外国語対応・・・・・・・・・英語文章にて対応
◆聴覚障害者に対する配慮・・・文章、筆談、絵文字シールにて対応
◆視覚障害者に対する配慮・・・点字シールにて対応
◆バリアフリーの状況・・・・・車椅子での来局可能
◆受動喫煙防止対策・・・・・・薬局内全面禁煙
◆医療保険・公費負担の取扱・・感染症予防法指定、生活保護法指定
               指定自立支援(精神通院・更生医療・育成医療)
                                      戦傷病者特別援護法指定
                                      原爆被爆者一般質疫病医療取扱
                                      特定疾患医療研究事業実施施設
                                      小児慢性疾患医療研究事業実施施設
                                      労災保険指定
                       ◆クレジットカード支払い・・・各種クレジットカード使用可能
image <業務内容>
●基準調剤施設基準          ●認定薬剤師
●一包化調剤             ●認定指導薬剤師
●後発医薬品調剤           ●無菌製剤実施
●麻薬調剤              ●医薬品安全管理責任者配置
●薬局製剤実施            ●患者満足度調査実施
●在宅調剤の実施           ●症例検討実施
●薬歴管理(電子化)          
●相談窓口設置(便秘、スキンケア、生活習慣病、禁煙、介護、医療機器等)
●お薬手帳交付                      
                       ●高度管理医療機器等販売・貸与    ●在宅介護相談薬局
                       ●健康、介護まちかど相談薬局     ●薬学生実務実習受入薬局
                       ●地域医療連携(近隣医療機関・介護施設等)

施設お届け調剤

image 高齢化社会に伴い、保険調剤薬局の業務においても、訪問薬剤管理指導等の
在宅介護支援関連の活動が増え、医師、歯科医師、看護師、介護支援専門員
(ケアマネージャー)・介護士等と協力し進めていく、チーム医療の役割が大変重要に
なってきています。このような社会現状のなか、当薬局は皆様の”かかりつけ薬局”として、
有料老人ホームや特別養護老人ホームといった介護施設で療養中の患者さんの
お薬をお届けする[施設お届け調剤]を行っています。

<施設お届け調剤のご利用方法>
1. 処方箋を医療機関または施設よりFAXで受け付けます
2. 患者さんの状況に応じて、薬剤の一包化や錠剤の粉砕等薬学的根拠に基づいて個別対応します
3. 契約内容に合わせて施設にお薬をお届けします
4. ご本人または介護者へ服薬指導を行い、薬剤管理・配薬・集金業務等を行います
5. 医師の訪問診察に薬剤師が同行し、処方内容の確認や情報の共有化を図ります

話そう! 聞こう! 薬局のセカンドオピニオン

image セカンドオピニオンとは、より良い決断をするために、
当事者以外の専門的な知識を持った第三者に求める意見のことです。
「薬局でも健康相談をしてみましょう!」と発信すると、
「え? 薬剤師に相談してもいいの?」と思われる方もいらっしゃるのでは。
実は、薬剤師は医師とは違った視点を持っているため、
セカンドオピニオンにもなるのです。
「いっぱい薬を飲んでいるけど、本当にすべてが必要?」
「最近飲み始めたサプリメントと薬の飲み合わせが気になる…」
当薬局は処方せんがなくても来局いただけます。
お悩みをそのままにせずにぜひご相談ください。
薬の専門的な知識を持った薬剤師だからこそできる
「薬局のセカンドオピニオン」があります。
また、当薬局には管理栄養士も在籍しており、食生活の改善を必要とする方々の
栄養相談をはじめ病状に応じて減塩食品の紹介や食物繊維の摂り方など、
1人1人にあったアドバイスをさせて頂きながら、薬剤だけでは不十分な
食生活面でのサポートを心掛けています。
 
image

無菌調剤

image 当薬局では、在宅における高カロリー輸液療法等や疼痛管理法等の対応を可能とし、
「自宅で治療を受けたい」という患者さんの願いを叶えるために
セントラルパーク店と南柏店に無菌調剤室を設置し、地域医療機関と連携して
在宅緩和ケアの推進に取り組んでいます。
在宅医療で使用する注射薬等について、正しく安全に使用されるよう、
できるだけ患者さんやご家族の方にわかりやすい方法で調整を行い、
病状に変化があった場合は使用法等の見直しを行っています。


※無菌調剤室設置により・・・
◇在宅中心静脈栄養法
◇在宅科学療法
◇在宅自己疼痛緩和療法
◇在宅経管栄養法     などが可能になります。

在宅患者訪問薬剤管理指導

image 居宅において療養中で、通院が困難な患者さんに対して、医師の指示に基づき、
薬剤師がご自宅を訪問し、服薬指導、薬剤管理、薬剤服用状況および薬剤保管状況の
確認等、患者さんにお薬を正しく服用して頂くための[薬学的管理指導]を行います。
その後、訪問結果について必要な情報をレポートし医師へ提出します。
医療保険の場合[在宅患者訪問薬剤管理指導]、
介護保険の場合[居宅療養管理指導]といいます。薬剤師が訪問することで、
患者さんの生活空間、薬剤の服用状況、併用薬等を把握することができ、
生活の中で本当に必要とされる指導ができます。
高齢社会をむかえ、在宅サービスは今後さらに必要とされていくと考えます。
また、チーム医療の一員として、得られた情報を薬剤師の視点から検討し、
                       関連職種・機関にフィードバックすることで、積極的に医師・看護師・介護支援専門員
                      (ケアマネジャー)・介護士等との連携の強化を図り、地域医療の充実に
                       貢献していくことを目指しています。

在宅医療連携医療機関リスト

image 当薬局と在宅医療において連携している医療機関は下記の通りです。
☆愛和クリニック                ☆あおぞら診療所
☆あおぞら診療所 新松戸            ☆いぐさクリニック
☆笑顔のおうちクリニック松戸          ☆加賀谷正クリニック
☆柏おひさまクリニック             ☆北柏ファミリークリニック
☆北松戸メディカルクリニック          ☆くわのクリニック
☆サンクリニック                ☆しいの木クリニック
☆島村トータル・ケア・クリニック        ☆城東在宅医療クリニック
☆新松戸診療所                 ☆総合クリニック ドクターランド松戸
☆ソフィアクリニックますだ           ☆丹野内科・循環器科
                       ☆千葉いぐさクリニック             ☆千葉ニュータウンクリニック       
                       ☆手賀の杜クリニック              ☆東洋眼科・胃腸内科・外科
                       ☆常盤平おひさまクリニック           ☆名戸ヶ谷診療所
                       ☆花野井クリニック               ☆東葛病院付属診療所
                       ☆平野医院                   ☆ホームクリニック柏
                       ☆向小金クリニック               ☆悠翔会 在宅クリニック柏

▲ ページトップ